2017年1月27日金曜日

【SAS入門】データセットを保存する。




ライブラリ参照


SASには、「ライブラリ参照」 という考えがあります。以下の例をご覧ください。

 libname  MYLIB "C:\TEST";


フォルダパス 「C:\TEST」 の中を、「MYLIB」 という名前で参照できるようにしています。
この参照の事を 「ライブラリ参照」 といいます。


構文
  LIBNAME  適当な参照名  "フォルダのパス";





データセットの保存


実際に、このライブラリ参照 「MYLIB」 にデータセットを保存するには、以下のように書きます。

data MYLIB.OUT1;
   ~ 適当なデータステップ ~;
run;

MYLIB (つまりC:\TESTの中) にOUT1というデータセット名で保存しています。




保存したデータセットの参照


保存したデータセットを以下のような感じで参照できます。

* 例1 ;
data DT2;
   set MYLIB.OUT1;
run;

* 例2 ;
proc print data=MYLIB.OUT1;
run;




補足


参照名を省略した場合、たとえば以下のような場合、、

data DT1;
   A=1;
run;

内部で以下のように置き換えて実行されます。

data WORK.DT1;
   A=1;
run;


ライブラリ参照 「WORK」 は、SASが勝手につくるライブラリです。

WORKとは、内部で一時的なフォルダが作られて、そこを参照先に設定してくれるライブラリ参照です。
SASを終了するとそのフォルダは削除されます。

なので、一時ファイルを格納する場所になります。

0 件のコメント:

コメントを投稿