2016年10月13日木曜日

ログに空白行を挿入するSKIPステートメント




ほぼ存在を知られていないであろうSKIPステートメントにスポットライトを当ててみようと思います。


構文

  SKIP 空白行の数;



たとえば 「SKIP 5;」 とすればログに5行空白行を挿入できます。



%put aaa;
skip 5;
%put bbb;


ログ

543  %put aaa;
aaa





545  %put bbb;
bbb



役に立つ例ってそんなにないですが、
昔、誰かが作ったマクロを実行したらエラー出まくりだったんで、以下のようにログを確認しやすくする目的で、SKIPを使ったことがありました。



%macro TEST(DS);
   data &DS;
   run;

   skip 6;
%mend;
%TEST(DT1);
%TEST(DT2);
%TEST(DT3);


ログ
586  %TEST(DT1);
MPRINT(TEST):   data DT1;
MPRINT(TEST):   run;

NOTE: データセットWORK.DT1は1オブザベーション、0変数です。
NOTE: DATAステートメント処理(合計処理時間):
      処理時間           0.01 秒
      CPU時間            0.00 秒


MPRINT(TEST):   skip 6;






587  %TEST(DT2);
MPRINT(TEST):   data DT2;
MPRINT(TEST):   run;

NOTE: データセットWORK.DT2は1オブザベーション、0変数です。
NOTE: DATAステートメント処理(合計処理時間):
      処理時間           0.01 秒
      CPU時間            0.01 秒


MPRINT(TEST):   skip 6;






588  %TEST(DT3);
MPRINT(TEST):   data DT3;
MPRINT(TEST):   run;

NOTE: データセットWORK.DT3は1オブザベーション、0変数です。
NOTE: DATAステートメント処理(合計処理時間):
      処理時間           0.01 秒
      CPU時間            0.01 秒


MPRINT(TEST):   skip 6;


上の例では、マクロを3回実行していますが、ログに空白行いれたことで、なんとなく見やすくなっているのが分かりますね。



0 件のコメント:

コメントを投稿