2015年6月8日月曜日

ファイル参照をいっぺんに割り当てる方法


ファイル参照をいっぺんに取り消す方法の逆で、割り当てる方法。


たとえば、「C:\TEST」というパスに 「A.txt」「B.txt」「C.txt」「D.txt」 というファイルがあったとします。
これらにファイル参照を割り当てたい時、

filename  A  "C:\TEST\A.txt";
filename  B  "C:\TEST\B.txt";
filename  C  "C:\TEST\C.txt";
・・・

と書いていくと思いますが、FILENAME関数を使えば簡単です。

data _NULL_;
   do  i = "A", "B", "C", "D";
       rc = filename( i ,  cats("C:\TEST\", i , ".txt")  ) ;
   end;
run;

filename("ファイル参照名", "割り当てる参照パス"でファイル参照を割り当てられます。

サンプルではまずdoループで変数 i の値を"A","B","C","D"と変化させていきながら、
CATS関数で"C:\TEST\"という文字と変数 i の値と".txt"という文字を結合します。
その結合文字が表すフルパスをファイル参照としてFILENAME関数で割り当てています。


0 件のコメント:

コメントを投稿