2017年9月7日木曜日

関数内での配列の使い方



「定義した配列を関数の中で使うにはどのように書けばよいですか?」

という質問を頂くことがあるので、簡単に紹介します。



* Sample data ;
data DT1;
    X=1;
    Y=2;
    Z=3;
run;






* 関数内で配列を使う例 ;
data DT2;
    set DT1;
    array AR(*) X Y Z;

    * 例① ;
    TOTAL1 = sum( AR(1), AR(2) );

    * 例② ;
    TOTAL2 = sum( of AR(*) );
run;



「例①」では配列ARの1個目と2個目の要素を指定しています。
「例②」では配列ARの全要素を指定しています。

特に難しいことはないですね。

0 件のコメント:

コメントを投稿