2017年5月15日月曜日

My Favorite SAS Functions (3) WHICHN / WHICHC関数


第3回目は、一番お気に入りの WHICHN / WHICHC関数です。
お気に入りすぎて、WHICHN関数使ってる夢みたことあります。



構文


    WHICHN( Y , X1 , X2 , X3 … )


・Yと同じ値がXの何番目に初登場するか返す。
・同じ値が無い場合は、0を返す。
・引数に数値型の変数または値を指定する場合はWHICHN関数を用いる。
・引数に文字型の変数または値を指定する場合はWHICHC関数を用いる。





以下のように、Y の値が X1~X3 の何個目と同じか知りたいとします。

  Y  
  X1  
  X2  
  X3  
  XNUM  
  bb    aa  bb  cc     2


以下、WHICHC関数を使わない場合(Before)と、使う場合(After)。

Before
  if Y = X1 then XNUM=1;
  if Y = X2 then XNUM=2;
  if Y = X3 then XNUM=3;


After
  XNUM = whichc( Y ,X1,X2,X3 );



この関数のお気に入りポイントは応用範囲がすごく広いところです。
過去記事でもとりあげまくってるので、是非読んでみてください。

http://sas-boubi.blogspot.jp/2017/04/blog-post.html

0 件のコメント:

コメントを投稿