2013年11月15日金曜日

有害事象の発現例数と件数を簡単に出す。


安全性の解析で出てくる有害事象の集計。
例数と件数をなるべく簡単に少ないステップで出す。
SQLなら簡単にできてしまう。


* サンプルデータ ;
data AE;
  length SUBJID $3. AETERM $20. AESTDT 8.;
  input SUBJID$ AETERM$ AESTDT;
  informat AESTDT yymmdd10.;
cards;
001 RBC上昇 2012/01/02
001 WBC減少 2212/02/05
002 RBC上昇 2012/01/05
002 WBC減少 2012/01/05
003 WBC減少 2012/02/10
;
run;












このデータから以下のように有害事象の発現例数・件数を出したい。
(症例内で同じ事象が複数回発現してる場合の扱いとかは、今回の例では特に考えてないです)





* SQLで発現例数と件数を1STEPで出す ;
proc sql;
  create table AE_N as
  select   count(distinct SUBJID) as N,
             count(1) as KENSU
  from     AE;
quit;


DISTINCT」は重複を除く処理。
今回の例だと、SUBJIDの重複を除いてカウントしているので例数が求まる。

0 件のコメント:

コメントを投稿